岡崎ときあかりとは

 人に生い立ちと思い出があるように、

土地にもまた、長い変遷と記憶があります。

 

その歴史は、私たちがここからどこに向かうべきかを教えてくれる道しるべになります。

 

京都・岡崎。

この地は、平安時代には白河院政の舞台として栄え、近代には東京遷都で衰退した京都再興の拠点として、近代化を牽引。

現在では緑と文化の溢れる文化交流地域として多くの人が訪れます。

 

京都の中でも中心部とは異なるまちづくり史を歩み、そして常に時代の一歩先を歩んできた京都・岡崎。

この京都・岡崎から、未来のまちづくりを発信します。

 

「岡崎ときあかり ~あかりとアートのプロムナード」は、岡崎地域活性化ビジョン(平成23年3月策定)に掲げる方策「夜の魅力創出」、「歩いて楽しい岡崎」を実現するために実施しています。建物の壁面を美しく彩る「プロジェクションマッピング」による演出に加え、施設の夜間開館や界わいの飲食店等との連携企画、中学校や大学、団体とのコラボレーションなどを展開。

 夜の岡崎の新しい発見・創造を目指して継続開催中です。


  主  催:京都岡崎魅力づくり推進協議会

  制作協力:ART COMPLEX

  後  援:京都新聞、NHK京都放送局、KBS京都、FM京都